玉川の味噌煮込みうどん

e0005253_1881745.jpg

玉川@広島市中区大手町
わりと新しい店、広島初の味噌煮込みうどん専門店になるのかな。メニューを見ると「名古屋流」(?)と「甲州流」(?)とある。味噌煮込みに宗派があるとは思わなかった。今回は「名古屋流」にした。あとうどんを使ったパスタ料理もあった。
e0005253_182659.jpg

味噌煮込みうどん
広島において、特にラーメンが好きでもない人に「広島ラーメン」という話題を振ると「それ何?」といわれるケースがけっこうある。そこでその特徴を説明すると分かってもらえる。しかしさらに広島ラーメン老舗の「陽気」、「すずめ」、「しまい」とかを実際に食べたことがあるのかというとそれはそれほど多くなかったりする。

過去に名古屋に住んでいたことがある。名古屋において「煮込みうどん」はほぼ100%認識されている。しかしそういう認識度は別にして、煮込みうどんの老舗の「山本屋総本店」等とかの店で実際に食べたことのある人はそれほど多くなかったりする。「広島ラーメン」と老舗の店の関係にその辺がが少し似ているような気がする。

前置きが長くなったが煮込みうどんを食べてみた。もちろん「山本屋」の煮込みうどんが正しいというわけではないが、比較として「山本屋」は土鍋で沸騰状態で出てくるのに対して、鉄鍋で沸騰まではしていない状態で出てきた。そして春菊とか温泉玉子とかもちょっと違う。しかし八丁味噌のスープに塩の入っていない生のうどんから煮た「煮込みうどん」の基本は合っていると思うし、鶏肉も(地鶏かな?)うまかった。このレベルの「煮込みうどん」が名古屋圏以外で食べられるとは思わなかった。
[PR]

  by vitz05 | 2009-05-13 17:00 | 広島市中区

<< 凡蔵のおん玉おろしぶっかけ 幸林のパリパリめん >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE