青色ポジションランプ

初めて乗った時のヴィッツのディスチャージランプの青白い明るさには感動した。だけど今ではそれが当たり前になってしまった、もうハロゲンランプには戻れない。

それどころか細かいところで不満が出てきたりもする。ポジションランプが電球色なのだ。たとえば同じ部屋の中でハイワットの蛍光灯と橙色の裸電球が同時に点いているようなものだ。電球だけならそれも味わいというものだろうけど。

そこでポジションランプを交換することにした。LEDという選択肢もあったが、青色の従来型のバルブにした(LEDの明るいやつは値段が高いし)。
e0005253_0294856.jpg

消灯時に目が青く見えるのもイイだろうと思ったのが一番の理由。だけど角度にもよるけど、そばで見なければ気がつかないほどの変化しかなかった(もともとRSの目は少し青かったせいもある)。
e0005253_029599.jpg

しかし点灯すると違いは歴然、ほぼ同じ青白色になった。

だからどうなんだって言われても困るけど。
[PR]

  by vitz05 | 2005-11-25 17:01 | ヴィッツ

<< 麺館のみそらーめん 曽筵のみそラーメン >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE