アナログカメラ

e0005253_2210143.jpg

人から譲ってもらった時点ですでに古かったペンタックスMX。もうそれからかなりの年月が立つ。ピントも露出も巻き上げも全て手動のアナログのカメラだ。

ボディーに付けているのが50mmF1.2。最近では珍しくなったスペックのレンズだ、前玉が大きくてカッコイイ。その右が40-80mmF2.8-4というこれがまた変わったマクロ付きのズームだ。しかしこのレンズはスナップ、ポートレート、マクロと万能に使えるので重宝した。

懐かしくなって久しぶりに使ってみた。フルマニュアルといっても露出計はあるので、電池を入れてフィルムを入れて4~5枚撮影(写すじゃなくて撮影)した。ピント合わせが楽しかったころを思い出した。

だけどたまに4~5枚撮影してたんじゃ、フィルムを使い切るのに何年もかかってしまうよなあ。
[PR]

  by vitz05 | 2005-12-21 17:00 | メモ

<< 味菜の炒め焼きソバ げんこつ屋の魚系とんこつ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE