ヘッドフォンその後

ゲーム用にと買ったヘッドフォン。これがゲームもだけど、音楽CDがわりと良い音で鳴るのだ。だけど最近買った手持ちのCDって「LED ZEPPELIN」とか「DEEP PURPLE」とか「FOREIGNER」とか懐メロばっかりだな。どれも録音が古い。

何か新しくて良いCDはないのかな、とオーディオ雑誌を見ていたら、あった。ドナルド・フェイゲンの13年ぶりのニューアルバム「モーフ・ザ・キャット」、それだけでも「買い」なのに録音も良いらしい。その足で買いに行った。

ヘッドフォンとCDはそろった。だけどこれをPCで聞くというのはどうだろうか。そういえばかなり前に買って今は使っていないCDプレーヤーがあったのを思い出す。古いけど安物でもない。ロフトから下ろしてきた。
e0005253_1931358.jpg

ドラムとベースで構成されるイントロが鳴った最初の一音目から感動した。古いCDプレーヤーでもこんなに音が良いのかと。ヘッドフォンもうまく説明できないけどくせがなく、ちゃんと音が分解するし、広がりもあり良い。よーく聴くとちょっとサ行の音が気になるけど、これはエージングで良くなるらしい、楽しみだ。

あれ、なんか変だな、そもそもゲームが目的だったのだ。整理してみると、intelのチップセットがサポートする音源は、雑音があるしEAXにも対応していない。そこで「Sound Blaster X-Fi」を買った。ところが手持ちのスピーカーは2.1chだった。7.1chにするつもりはない。調べてみると「X-Fi」のヘッドフォンモードがすごいらしい。そこでヘッドフォン「audio-technica ATH-A900」を買った。そして今回のCD、CDプレーヤーへとずれて行ったようだ。まあ、良くあることだけど。
[PR]

  by vitz05 | 2006-04-02 17:00 | メモ

<< 長崎ちゃんめんのユッケジャンらーめん ばり馬のにんにく濃らーめん >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE