いちのやのつけ麺

いちのや@広島市東区東蟹屋町
最近この店には良く来ていると思う。
e0005253_2157545.jpg

つけ麺(普通)大辛
最初は気が付かなかった。

つけダレの上にはゴマとラー油が浮かんでいて、たのんだ大辛の辛さを確かめながら(辛くはなかったけど)タレは昆布とカツオの味とふんわり甘い味がするなと思った。麺はモチっとした玉子麺、幻霜ポーク(と書いてある)のチャーシュウは脂身のある部位だが、タレをつけて炙っていて単独で食べるとちょっと塩辛いけれど冷たい麺と合わせるとうまい。

ところが3分の1くらい食べ進み、つけダレのゴマとラー油が少なくなったところで気が付いた。ありゃ?なんかニュルッとするな。つけダレがニュルッとするのだ。これは昆布系のぬめりだろうか。おお?何だかうまい。

このニュルッとした感じは麺を食べ終えても続き、タレまで全部飲み干してしまった。ちょっとこれはうまかったぞ。
[PR]

  by vitz05 | 2006-08-06 17:00 | 広島市東区

<< 麺龍のつけ麺 コタンの焼そば >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE