まる喜のつけ麺

e0005253_2219488.jpg

まる喜@広島市東区若草町
「ラーメン」と「つけ麺」と「油そば」の店。ちょっと考えてラーメン店に分類する。
e0005253_22202835.jpg

つけ麺(中)辛め
予想通り(ぼくだけなのか)全く辛いと感じられない。

この店の話ではなくて一般論として、つけ麺を辛さだけで云々いうつもりはない。しかしだ、全く辛くない「広島つけ麺」というのはたぶんあまりないのではないか(「いちのや」の「つけ麺」には別の可能性を感じるけれど)。じゃあそうではなくて、看板に辛さをうたうのならば「辛い」とはどういうことなのか、供給側はもっと考えるべきだと思う(少なくともラー油に頼るとだめだ)。「辛くてうまい」つけ麺が食べたいと思うのはぼくだけではないはずだ。それともこれはぼくの舌の鈍さを棚にあげた見当違いの感想なのか?

「つけ麺」は日ごろあまり食べないので、非常に数少ないサンプルの中からの感想になり、今後変わる可能性は大きいけれど、今まで食べた中では「新華園@広島市東区矢賀」の「冷麺普通(辛め)」は辛くてうまいと思った、そういう店は数は少ないけれど確実に広島にある。
[PR]

  by vitz05 | 2006-10-02 17:00 | 広島市東区

<< きたがわの天うどん ファイナルファンタジーⅦ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE