げんこつ屋の広島激辛つけ麺

げんこつ屋@広島市安佐南区西原
e0005253_2353170.jpg

広島激辛つけ麺
この広島の地で名前にわざわざ「広島」をつける意味がよくわからないが、普通jに美味しいつけ麺だった。
一番辛い10倍をたのんだ。唐辛子パウダーの量は多いけれど、ちっとも「激辛」じゃなかった。麺はつけ麺としては細め、キャベツは大きめ、脂身のあるチャーシュウは冷たくなかった。

最近思うのだが、ぼくの辛さの耐性はもしかしたらたぶん標準より高いのかもしれない。しかし辛さに対する感覚がマヒしているとは思っていない。微妙な辛さも分かるつもりだ。この店だけの話ではないけれど、方向性の問題じゃないかと思う。この店の辛さの方向で行けば、たぶん50倍にしてもどろどろになるだけで、それほど辛くならないと思う。

辛味の物量作戦的店では辛くないと思う一方、全くそう見えないのにものすごく辛く感じる店もある。その違いの原因がよくわからない、今後の課題だ。
[PR]

  by vitz05 | 2006-12-19 17:00 | 広島市安佐南区

<< 周荘のフカヒレの煮込み醤油ラーメン 麺屋元就の武蔵らーめん >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE