福山遠征

今回は福山へ、時々やっているツアーだけど久しぶりのような気がする。調べてみると前回の岡山からちょうど1年ぶりとなる。
--
過去の記事
岡山遠征

いつものメンバーのNさんがドライバーだ。そして毎度のSさんとぼくと初参加のN2さんをそれぞれの家のそばまで迎えに来てくれたので、広島インターから高速に乗ったのは11時を過ぎていたと思う。福山でやはり初参加のN3さんと合流する。ちょっと出遅れたな。#イニシアルに続く数字は今回クルマに乗った順

1軒目の「朱華楼(東深津店)」は既訪店だったのでパス、揚げた背脂がうまい店だったと思う。

2軒目。
e0005253_21124778.jpg

三十二匁@福山市南蔵王町

福山市内のラーメン店密度は広島市よりも高い気がする。一軒目の「朱華楼」から近いし、「とんとん」「道楽」もすぐそばだ。店名の「三十二匁」は麺の量(重さ)らしい、グラムに換算すると120gとなる。
e0005253_2113218.jpg

らーめん
白濁のミルキーなスープは鶏ガラによるいわゆる「鶏白湯」、広島ではめずらしい。上に少し油が浮くけれど、味は見た目どおりミルキーな味わい。しかしちょっと塩辛い。中くらいの太さの多加水縮れ麺との組み合わせでスープも麺もどちらもうまい。
この店の一番人気のメニューは「野菜らーめん」という。なるほどこのスープと麺は「野菜らーめん」向けにチューニングされているようだ。見た目はちょっと「チャンポン」のようだけど次回はそれを食べてみたい(連食には向かないほど野菜が多い)。

3軒目の「道楽」も既訪店でパス。ここもうまかった記憶がある。

4軒目
e0005253_2114544.jpg

駅家@福山市駅家町
「うまや」と読む。有名店ではないけれど、無化調スープと自家製麺の尾道ラーメンの店とのことで訪れてみた。醤油ダレの「らーめん」と塩ダレの「白らーめん」、辛い「赤らーめん」と黒胡麻の入った「黒らーめん」とがあったが、基本の「らーめん」をオーダーした。
e0005253_2115853.jpg

らーめん
尾道ラーメン系のスープは少し節系の味もするけどやさしい味。スープ単独ならともかく、自家製のもちっとした麺と合わせるとやさしすぎると思う。悪くはないのだけど。

5軒目
e0005253_21153318.jpg

ぶちくさらぁめん@福山市笠岡町
わりと新しい店。マー油の入った「黒とんこつらぁめん」が人気のようだが、連食のダメージを増やさないためにマー油の入らない「ぶちくさらぁめん」をオーダーした。
e0005253_21155110.jpg

ぶちくさらぁめん
マー油が入る店のラーメンだから熊本系白濁豚骨かと思ったら、スープは意外にも醤油が主張する醤油豚骨だった。醤油が効いていてうまい。友人がオーダーした「黒とんこつらぁめん」はけっこう油が多かった。好みにもよるけど、このツアー中に限って言えば「ぶちくさらぁめん」の方が正解だったと思う。

6軒目の「喜四六」は未訪店だったが、もう腹が苦しくなりつつあったし、看板に「医食道源」とか「体に良い」とか書いてあったので(・・・笑)あえてパスした。

7件目
e0005253_21162850.jpg

活汁麺家@福山市伏見町
「いけめんや」と読む。鴨ガラだしのスープのラーメンの店だ。データでは夕方5時に開くはずだが5時になっても開く気配がない。今回のメインクラスの店だったので、皆で作戦会議を開いて悩む。しばらく「あーでもない」とか話しをしていたら店に人が入って行った。

寒いのを我慢して待っていたら、6時に店が開いた。
e0005253_21164469.jpg

塩ラー麺
おお!鴨ガラだしのスープはちょっと甘い味がするけれどうまい。細めのストレート麺もスープに合っている。上にのるネギが多いのはうれしいが、スープを味わう事を目的とするならばその量はちょっと多いのではないか。しかし今日食べたラーメンの中では一番うまかった。

今回の福山のツアーは鶏白湯、尾道系、醤油豚骨、鴨だしと全く違うタイプのラーメンを食べることができて楽しかった。N2さんはともかく、N3さんがラーメンの連食に付き合ってくれるとは思いもしませんでした。福山はまた行きます。今後ともどうぞよろしく。
[PR]

  by vitz05 | 2007-02-24 17:00 | その他の地区

<< よし井の日替りランチ 有宝のラーメン >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE