S・drive

e0005253_0365180.jpg

S・drive
タイヤを替えた。スリップサインの出たタイヤでは今月末の車検にも通らないし。

タイヤの性格はクルマの性格のかなりの部分を占める。だから履き替えの時には本当に悩む。たとえばランチが好みに合わなかったとしてもそれはその時だけの笑い話しですむけれど、タイヤは毎日しかも数年付き合わなければならないわけだから失敗は何としても避けたい(過去に失敗してクルマに乗るのがイヤになった経験がある、しかもそれは数年にわたり続いた)。

ハイグリップタイヤでの運転が楽しいのは分かっている、しかも安全だし(過去にポテンザRE61の制動力で命拾いしたことがある)。しかしタイヤの性能は、もちろんグリップ力だけではない。デザイン、乗り心地、音、耐磨耗性、価格、等々それぞれ譲れる所と譲れない所があって(主に価格だけど)、それらのどこかで妥協をしなければならない。

で、今回選んだのはヨコハマの「S.drive」。まだ街中を数十キロ走っただけなのでグリップ力はまだ良く分からないが、意外にも今までの(磨り減った)レグノと比べて乗り心地はむしろ良いし、ステアリングのレスポンスがとても良くて、たぶんこれから数年幸せでいられると思う。
[PR]

  by vitz05 | 2008-03-07 17:00 | ヴィッツ

<< えーじゃんの黒ジャージャー麺 ひとは館の縄文あいす >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE