我馬の四季のラーメン「夏」

我馬@広島市西区三篠町
e0005253_18501033.jpg

四季のラーメン「夏」つけ麺
全粒粉を使った極太麺はそれを使ったパンと同じように粒状の繊維が混じるが、歯ごたえはむしろ良く噛み締め感があってうまい。ただ量が標準で丼いっぱいでかなり多い。つけダレは豚骨と鶏ガラと節系由来の旨み成分が大量に入っている。少しの酸味とわずかな甘み、やや多めの油といっしょに飲んでみるとうまい。強烈にうまい。前半はこのうまいタレに麺をつけるのがもったいなくて麺とタレを別々に食べたくらい。後半はやはり麺の量が多くて苦しくなった。
最後にスープ割りを頼んだ。見た目はネギとゴマが加わっていけど、最初にわずかに感じた甘みが強まっている気がする。胃が悲鳴をあげていたせいもあるかもしれないけれど、最初にタレをチビチビなめた時が本当にうまかった。
--
過去の記事
我馬の四季のラーメン「春」
[PR]

  by vitz05 | 2008-08-01 17:00 | 広島市西区

<< まひる屋の味噌カツらーめん びっくりドンキーの日替り定食 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE