カテゴリ:トレッキング( 22 )

 

寂地峡トレッキング

e0005253_17414517.jpg

寂地峡@山口県岩国市錦町
暑いのがいやで夏場は避けていた山に来てみた。山というか川辺のハイキングだけど。
e0005253_17475964.jpg

滝のそばは気温が5度くらいは低いのではないか。涼しくて気持ちがいい。
e0005253_1749473.jpg

しかし滝のそば以外はやはり暑い。大量に汗をかいた。
e0005253_175236.jpg

ここは何度か来たことがあるけれど、以前は少し息がハアハアした気がするが今回はそうならない。
e0005253_17573433.jpg

だけどやっぱり暑い、もうしばらく山はだめだ。
[PR]

  by Vitz05 | 2011-08-31 17:01 | トレッキング

常清滝トレッキング

常清滝@三次市作木町下作木:230+
三次市のやや北、江の川の支流の作木川のそのまた支流にある滝でこの水は日本海へ流れて行く。
e0005253_22295350.jpg

まあ滝を見に行く事をトレッキングというのはちょっとむりがあるけれど。
e0005253_2231321.jpg

駐車場から滝まで10数分歩く。
e0005253_2234063.jpg

前半は階段が続くが、後半は川沿いの緩くて涼しい道になる。
e0005253_2236586.jpg

涼しい展望建屋にはベンチもあるし、何も考えずに滝を眺めるのもいいかもしれない。
蚊がいるけど。
[PR]

  by vitz05 | 2011-07-05 17:01 | トレッキング

古鷹山トレッキング

e0005253_19254149.jpg

古鷹山@江田島市江田島町:394m
切串港にクルマを停めて登る。最初ははうす曇りで場合によっては山では雨も降るかもしれないと思っていたらどんどん天気が良くなる。切串港からのルートの前半3分の2は全く日陰のない道で、しかも途中で道を間違えて30分のロスをした。途中にベンチはもちろんちょっと腰をおろそうと思える場所もなく立ったまま休憩して、大量に汗をかいてばてた。植樹祭広場に一箇所だけベンチがあったけれど、かんかん照りの中のコンクリートで火傷をしそうで座れなかった。
e0005253_19321999.jpg

後半3分の1はアップダウンのある縦走路になる。景色が開けてここでやっと登ってきたかいを感じた。
e0005253_19444266.jpg

古鷹山まであと368mとの道標のあるピークにも座るところはない。ここで2本のボトルの水が尽きて体力も気力も尽きた。暑さでめまいがして身の危険を感じた。周りには誰もいないし。
e0005253_19544216.jpg

手の届きそうな山頂、たぶんあと15分だったろうけど帰りの体力も考えてあきらめて下山した。
日傘を持って登れば日差しは防げただろうがそれは無理だ、反省点は無い。登らなければいいだけだ。もう夏の山はやめた、7月8月は登らない。
[PR]

  by vitz05 | 2011-06-29 17:01 | トレッキング

窓ヶ山東峰トレッキング

e0005253_1619228.jpg

窓ヶ山東峰@広島市安佐南区沼田町:700m+
以前窓ヶ山は登ったことがあるのだが、冬だったこともあり西峰に登ったところで日が暮れそうになって下山した。今回は沼田側のいこいの森から登る。東峰の高さは地形図から見ると700m以上710m未満のよう。
ところで子供の頃から今に至るまで東と西の認識が感覚的にどうしてもできない。北と南は間違わないのだけど東と西が分からない。迷った時には日本地図を頭に思い浮かべて「東」京があるほうが東、関「西」があるほうが西、と確認してからこっちが東だ西だと理解するので時間が必要だった。子供時代関東から中京に住んでいたときはこれで良かった。しかし広島に来てからまた混乱した。関西が東になるのだから。今日登った東峰も手帳のメモ書きは西峰となっているし。
e0005253_1620299.jpg

案内図看板
手元の地図と比べるとちょっと違和感を感じる。このいこいの森からのルートは夏場に昼から登るのに最適だ。ルートが山の北東に位置するのでほとんど日射がなく涼しく登れる。
e0005253_16251356.jpg

前半は涼しい植林された針葉樹の道。前日の雨で湿度が飽和しているのだろう夏なのに吐く息が白くなる。ヘビも見た、小さかったせいもあるけどもうなれたよ。後半尾根筋に出てやや急登になり汗をかいた。
e0005253_16283622.jpg

それなりに登るけれど小一時間でこの景色というところがいい。
e0005253_1647428.jpg

西方に前回登った西峰、その向こう左に魚切ダムが見える。
e0005253_16523723.jpg

キレットまで下りてみた。鎖があるけど使わずに行ける。
e0005253_16543379.jpg

キレット、窓ヶ山の窓だ。吹き上げてくる風が涼しい。
--
過去の記事
窓ヶ山トレッキング
[PR]

  by vitz05 | 2011-06-21 17:01 | トレッキング

龍頭山トレッキング

e0005253_21551080.jpg

龍頭山@山県郡北広島町:928.4m
豊平どんぐり村のすぐそばの山。どんぐり村から西宗へ向かう道の左の別荘地の駐車場にクルマを停めて登る。他にクルマはない。熊に注意の看板があるの、やだな。
夏山はこういうものなのか、小さい虫が飛んできて顔の回りを飛ぶのは止めて欲しい。
e0005253_21554246.jpg

日差しの注さない湿った沢筋をしばらく登ると滝に出た。駒ヶ滝だ。少しひんやりした。
その後トイレもある滝ヶ馬場を過ぎて沢を渡ると登りが急になってくる。1.2mの蛇が道に横たわっているの見て悲鳴がでたけどこの山に(たぶん)他に誰もいない。
e0005253_2156224.jpg

ジグザグ道を登ると展望岩に出た。うす曇りの水蒸気で視界は良くないがどんぐり村が見える。
e0005253_21565699.jpg

ヒャッホー頂上。景色は最高のはずだけど今日は良くないのはしょうがない。この時期、雨に会わなかっただけでもよしとする。
e0005253_2253438.jpg

釣鐘状の山の頂上付近はわりとなだらかで草が生えているし、気持ち良さそうなので思わずでんぐり返りをしてはいけない。3回転くらいは大丈夫だが、その後は多分止まらない。300mくらいは転がって行く。
[PR]

  by vitz05 | 2011-06-14 17:01 | トレッキング

羅漢山トレッキング

e0005253_23472061.jpg

羅漢山@山口県岩国市:1109.1m
濃い霧雨、たぶんこの向こうに羅漢山があるはず。
e0005253_23151126.jpg

実はこの前の4月20日、この山の山頂近くまで登っていた。広島県側からのルートは山頂近くの急登+想定外の激しい笹薮に阻まれて断念したのだった。この写真は今まで登ってきた道だけど今見てもひどなこれは。しかもその後来た道をロストして、けっこうさまよって、違う道から下山した。
e0005253_23323275.jpg

そういうこともあって今回は山口県のらかん高原憩いの広場から登ろうと思った。しかし今日は霧雨が降って、傘も忘れてきたし頂上まで登る気はないけどちょっと様子を見ようと思っただけなのが、あと0.7Kの看板を見たのでもう少し歩いてみたら山頂に着いてしまった。
e0005253_23452843.jpg

山頂に着いたらその霧雨がやんだ。霧は多少薄くなっただけだけど。
e0005253_23562268.jpg

昔はこの下の高原に牛がたくさんいたよなー、と上から眺めていたら何と牛が数頭いるではないか。
e0005253_2358547.jpg

よしよし、うしさん、よしよし。
[PR]

  by vitz05 | 2011-06-08 17:00 | トレッキング

呉娑々宇山トレッキング

e0005253_21452158.jpg

呉娑々宇山@安芸郡府中町みくまり:682.2m
さすがにこの山は昼からの登山じゃない方が良いと思い10時10分AMスタート。ここを右に登って行くと岩谷観音岩峰。
e0005253_21454564.jpg

自然石を使った石段は人工によるものだがとても自然な感じ。
e0005253_2146493.jpg

岩谷観音岩峰。何でだろう今回は全然怖くない。直下の落差がそれほどないからなのか。それとも高所耐性がついたのか。
e0005253_21462547.jpg

岩谷観音の観音様。さすがに正面からは怖いので側面から拝んだ。
e0005253_21464150.jpg

続いて高尾山へ向かう。このくらいの岩場のルートは楽しい。
e0005253_21465857.jpg

これもルート、この左側を登って行く。ちょうど手と足がかけやすいように岩に加工がしてあるので(たぶん)易しく行ける。
e0005253_21471538.jpg

先ほどの岩谷観音を見下ろす。
e0005253_21473276.jpg

高尾山山頂からの景色は望めない。
e0005253_21474949.jpg

ここからしばらくおおむねダラダラとした緩い尾根道が続く。
e0005253_2148586.jpg

バクチ岩のすばらしい景色。やはり全く怖くない、何でだろう。ここから落ちても10数mはあるからちょっと怪我をしたではすまないだろうに。数100mと10数mも差は大きいのかな。
ここで昼食を食べた、休日なのですぐに人でいっぱいになった。しかしコンビニ弁当がこんなにうまいとは思わなかった。
e0005253_21482290.jpg

呉娑々宇山の山頂。東区の森林公園から登ってくるルートもあり、そちらも面白そうだった。
[PR]

  by vitz05 | 2011-04-29 17:00 | トレッキング

倉橋火山トレッキング

e0005253_18383953.jpg

倉橋火山@呉市倉橋町:408m
またラーメン食後の昼から登山。「かざん」ではなく「ひやま」と読む。かつてのろし台があったからだそうだ。頂上が岩々しいので期待と不安が入り混じりながら桂浜の登山口から山へ入る。
e0005253_18554273.jpg

最初は日陰の少ない尾根道が続き猛烈に汗をかいた。
e0005253_18555857.jpg

中腹から少し木陰も出てきたが風はなく汗は止まらない。
e0005253_18561621.jpg

桜はほぼ散っている。
e0005253_18563127.jpg

手前の火山と奥の後火山の間の鞍部にはすばらしい風が吹いていて汗は引いた。そしてまずは後火山に登った。455.8mとこちらの方が高いのだが景色はあまり良くない。
e0005253_18564390.jpg

後火山山頂より少し下にある展望台から火山を眺める。やはり山頂には岩があるようだ。
e0005253_18565836.jpg

火山側から後火山を眺める。写真中央に先ほどの展望台。
e0005253_1857127.jpg

火山山頂の岩。これを登らないと408mの登頂にならないのか。天国への階段なら良いが。
e0005253_18572577.jpg

登った。中腰で3秒くらいは立った。しかし恐ろしすぎる。すぐに尻を着けて這った。また汗をかいた。
[PR]

  by vitz05 | 2011-04-13 17:01 | トレッキング

黄金山トレッキング

e0005253_1035646.jpg

黄金山@広島市南区黄金山町:221.7m
桜が散り始めの黄金山に登った。平地からコインパークに車を停めて。
e0005253_1041341.jpg

春霞で弥山はかすんでいたけど気持ちのいい天気だった。
e0005253_1042840.jpg

北東方面に呉娑々宇山が見える。左から岩谷観音岩峰、高尾山からなだらかな稜線がピークへ続く。近いうちに行くよ。
e0005253_1044459.jpg

南西方面には絵下山が見える。ここも同じく行く予定だ。
[PR]

  by vitz05 | 2011-04-12 17:01 | トレッキング

極楽寺山トレッキング

e0005253_23141414.jpg

極楽寺山@廿日市市原:693m
広島西部沿岸沿いでは最も高い山になる。701.8mの三倉岳を沿岸とするならその次か。
車で登れるから歩いて登る価値が下がるという人もいるけれど、その価値は人それぞれだ。
e0005253_23143148.jpg

中腹の展望地で宮島SAの展望台が下に見える。
e0005253_23144874.jpg

タムシバ(後で調べて分かった)の花びらの散る道を行く。
e0005253_2315480.jpg

中腹に大岩。最初だけ肌寒くてもすぐに暑くなるのは分かっていたので今日は最初からシャツ1枚(+アンダー)で登った。実際暑かった。しかしダウンジャケットを着て登る人も見たから人それぞれなんだ。
e0005253_23152257.jpg

三角点ハント。
e0005253_23153655.jpg

山頂手前の極楽寺本堂手前の展望台。展望はもう一つ。途中には楽しい(恐ろしい)急登もなくあっけなく登れた。
e0005253_23155255.jpg

今回新規投入したバックパックのオスプレーのストラトスとノースフェイスのグローブ。どちらも暑さ対策から。グローブは指先の出る夏用で、素手だとトレッキングポールを握る手が汗ですべって気持ち悪いのが解消された。
e0005253_2316749.jpg

ストラトスは背中のメッシュネットがパック本体から浮いていて背中が全く蒸れない、その効果は絶大だ。それとポールがちょっと不要な時に、例えばカメラを持って歩き回る時に、刀のように脇にさせるという小技もある。他にも色々機能があるけど今回は省略。
e0005253_23162446.jpg

極楽寺本堂。山頂で色々見れるのが良い。それとドリンクの自販機はともかくトイレがあることが便利なのは間違いない。
e0005253_23164263.jpg

山頂はほとんど展望はない。結局中腹の展望が一番良かった。
[PR]

  by vitz05 | 2011-04-03 17:00 | トレッキング

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE